毎月1日は「壱部経祈願」

おはようございます。さっきまですごい天気でしたが、今現在は晴天!季節の変わり目だからだとは思いますが…、自然さえ慌ただしいのでしょうか???

さて3月に入りました。妙心教会では「壱部経祈願」というものを毎月のはじめ1日に行っています。
この祈願を簡単に説明すると、法華経(妙法蓮華経)を全て通読してご祈祷をするというものです。法華経は28の章に分かれている分量のそこそこある経典です。これを私が全て読むとだいたい5時間くらいかかります。

法華経全八巻

このお経を月始めに読誦して、妙心教会を始め、檀信徒・有縁の方々のご守護をお祈りしています。
この時、祈願にお申し込みいただいた方には御札をお渡ししているのです。御札は毎月末日までに当教会に送って頂き、壱部経祈願が終わったらまた願主様のところへ戻すという形を取っています。毎年1月に新しい御札に交換しながら。商売繁盛のため、家内安全のため、罪障消滅のためなどいろいろな理由でお申し込みいただいております。興味がある方はお問い合わせください。

 

お経を読むのは、本当に難しいなとこの頃特に感じるのです。というのは、日蓮大聖人がお経の一々の文字が仏様を現していると教えてくださっているからなのです。このような教えに従うということは、私が声に出した経文は仏様を現しているということです。読経がそのまま仏様となり、人々の心へスッーと入っていく…。このような読経こそ本当の読経ということでしょう。とっても難しいですね…。でも少しでも近づいていきたいものです!

まだまだまだまだとっても未熟な読経しか出来ませんが、気持ちだけでも本当の読経をしようと専念して壱部経祈願をこれから始めたいと思います。皆様の今月中のご守護を願って!

最後までお読み下さり、本当にありがとうございました。

コメントを残す