見かけは一軒家だけど…、お寺なんです(一応)! 妙心教会は!!

おはようございます。

先日、子供たちと家族写真を撮ってきました。下の子の「お宮参り」だったのです。だから家内のご両親にも来てもらって、スタジオ○○○系の写真屋さんに行ってきました。主役は下の子、目的は家族写真だったのですが…、終わってみると上の子の主人公ぶりが目立ったような、そんな写真撮影でした(笑)
妙心教会のある足立区もここ20年位でしょうか?随分とかわり、大型の商業施設が次々に建って、住んでいるものとしては便利になったなと実感しています。

さて、随分便利になった、ここ足立区で昭和42年から活動しているのが妙心教会です。先代・一乗院日皇上人が苦労して現住所に居を構えたのが昭和42年。もう半世紀程前です。先代の実家は農家。宗教・お寺とは全く縁のない生まれです。この人が人生のどこかで仏教に縁を持ち、そして坊主になり、活動を始めたのです。そのはじめの拠点は集合住宅の一室でだったと聞いていますから、ご信者様・有縁の方々が皆無というところからのスタートだったのでしょう。
家を持つというのは、人生最大の買い物であり、大変なことは多くの方が納得されるところでしょう。お寺というのは、家を建てる以上に建てるのが難しいと思います。なぜならご信者様を得て、お寺としての活動規則を作り、それを公的なところで認証されてはじめて建てられるからです。縁も所縁もない世界に飛び込み、このような難問をクリアーして竹ノ塚に活動拠点・妙心教会を建てたのですから、先代の凄さに改めて感服しています。本当に中々できないことですから…。

先代が苦労して建てた妙心教会ですが、その見かけは一軒家。知らない方が見れば、なんだあそこは???となってしまいます。当然ですね、知らないのですから。

本当に路地奥にある普通の家ですね。水子地蔵様が玄関前にお祀りされているのが周りとはちょっと違うだけ。つまりお寺には見えません。

だけどお経が毎朝あがっています。するとなに?あそこは?と不安になる人もいるようです。

でもこの一軒家の二階部分はまるまるお堂です。一階は住居ですが、二階は普通のお寺さんの本堂と同じです。20人以上一度に参拝していただけるスペースを確保しています。

ここで年回忌法要も致します。安産祈願や厄除け祈祷、交通安全祈祷なども行っています。様々な悩みを抱えた方のご相談にものっています。

見かけは一軒家ですが、普通のお寺と一緒だとまず知っていただきたいのです。先代上人が苦労して建てた妙心教会ですから、なんとか多くの人にご利用頂き、歴史を繋げていきたい!このように思っている今日この頃です。

このように書いたから安心してとは言いません。でも何か感じることがありましたら、お問い合わせなり、ご参拝をしてみてください。そしてご自身で妙心教会を感じて頂ければと願っています。

最後までお読み下さり、本当にありがとうございました。

コメントを残す