努力の神様・大黒天神

当教会でお祀りしている神様について書いてみたいと思います。

今回は、大黒天神。大黒様です。福の神として有名ですね。宝くじ売り場などでもお祀りしています。

 

大黒様は、確かに福の神です。でもそれは結果として福の神になっているだけだと当教会は考えます。どういうことかというと、大黒様はまず何より、絶え間ない努力をする神様です。これはそのお姿を見るとわかります。

大黒様は、黒光りしているのがいいのです。黒光りは、汚れと汗の象徴。毎日、一生懸命に体を使い、汗水たらして労働している姿です。重そうな袋を背中に背負っているのも、また小槌を握っているのも重労働を象徴するものでしょう。大変な重労働をしているのに、お顔はまっすぐ前を向いて笑顔です。希望に燃えて、今現在の重労働も必ず役に立つのだと笑顔で働いていることを表します。だから愚痴など決していいません。私とは大違いだなと(苦笑)…思う次第です…。握っている小槌は、たたくと「コツコツ」と音がします。ゆっくりじっくり進んでいこうというメッセージです。

このように頑張っていると、知らず知らずに足元に俵が積まれてきます。俵は富・福の象徴です。ひたすら一生懸命努力をしていたら、知らない内に富と福を手にしていたというわけです。

 

大黒様は、福の神というより、継続した努力を示す神様だと当教会では考え、お祀りしています。大黒様のお姿が示す精神を少しでも真似していきたいものです。

 

仏像のお姿には、必ず何かしらのメッセージがあります。こういうことを気にしながら拝するとより良いのではないでしょうか。

 

筆に任せて書きました。最後までお読み下さり、ほんとうにありがとうございます。

コメントを残す