「家は仏教徒だから」はもはや通用しません

ハロウィン・クリスマス・バレンタイン・・・。

もはや日本でもメジャーな行事となっています。

家の子どもたちも楽しみにしているようです。

 

私の子供の頃は、父に家は仏教徒だからと言われ、それっきり。有無を言わさず、まるでなかったように過ごしたものです。その代わり、ちょっとずらした間隔で、突然プレゼントをもらえたのを覚えています。父なりの配慮だったのでしょうね。

 

私も試しに一度、父と同じことを言ってみたのです。すると…、「でも友達の家にはクリスマスの日にサンタさんが来るんだよ。私のところだけ来ないなんておかしいよ」

・・・ごもっともです。

 

ということで、今年もまもなくクリスマス。年末年始はいろいろ慌ただしいですが、…頑張ろうと思います。もう通用しないんですね(泣)

 

最後までお読み下さり、ほんとうにありがとうございます。

コメントを残す