本年最初の壱部経読誦祈願

あっという間に三が日が終わってしまいました。ご参拝いただいた方々、ありがとうございます。

お話している中で、皆様が供養(墓)の後継者についていろいろ悩まれていること、妙心教会にどうにかしてほしいと願っていることなどを理解しました。頼まれたのだと考え、皆様のご希望に添えるように動いていきます。小さなお寺ですので、ハードルの高い部分もありますが、皆様にご相談致します。どうか一層のご協力をお願い致します。

さて、今日は本年度初めての壱部経祈願です。法華経を全部読誦して、今月のご守護・お導きを願う儀式です。お申込者様と当教会で御札のやり取りをして行っています。どういうことかというと、月末にお申込者様が当教会で作った御札を、当教会に発送します。この御札に対して、壱部経祈願をして、また送り返します。この繰り返しで壱部経祈願は行われています。御札は、お申込者様のお話を聞いた上で、一番適切なものをオリジナルに作っています。譬えば、商売をしている方には商売繁盛をメインに家内安全・身体健全を合わせて祈ったりといったことです。お申込者様の望みが成就するためにとその人に合う御札をつくり祈願しているのです。

この祈願は、継続してくだされば必ず願いが叶うと確信しています。現にうれしいことをご報告くださるお申込者様もいらっしゃいますので!

ただ何か望みが叶う時、その発端は苦しみから入るようですね。なぜ祈願しているのに、こんなことが起こるんだ!とお叱りというか不信の言葉を言われることがあります。そんな時は、きっと試練だからもう少し信じて続けてくださいとお願いします。

ここで辞めてしまう方もいらっしゃいますが、続けてくださった方は先の嬉しい言葉をかけてくださるようになります。

信仰は継続以外ないのだなと思います。信仰は心を変える営みです。でも心はすぐには変わらないのです。ハンカチの端を水につけておくとじょじょにハンカチ全体に水が染み込みますよね。心はハンカチのようなものです。信仰(教え)は水です。ずっとつけ続けておかないと自分のものにならないのです。

信仰は漢方薬を飲むようなものです。いっとき具合が悪い時だけ漢方薬を飲んだところで効きません。体の不調を感じる前から毎日飲んでいく必要があります。

信仰はダイエットと同じです。毎日続けなければ効果がありません。やって良いこと悪いことを信じる教えに従って知り、それを守る必要もあります。ちょうどダイエットの時、食べて良いもの悪いものを知り、それをきちんと守るようなものです。

しっかりと守るものを守り、信仰を続けていけば、心がじょじょに変わり、次に行動が変わっていきます。ゆっくりですが、信仰の継続によりじょじょに変わっていけます。そして自分が思い描いたものを手に出来るようになるのです。願いが叶う瞬間です。

こういう実感を得られるまで、愚直に信仰を継続していく必要があります。試練が起ころうと、気持ちが萎えようと続けていく必要があります。

当教会では、このようにお申込者様に伝えています。信じてくれる方、そうでない方色々いらっしゃいますが、壱部経を一生懸命読み、信仰の継続を伝え励まし、願いが叶うようにと活動していこうと考えています。

最後までお読み下さり、本当にありがとうございます。

コメントを残す