漢字がただ並んでいるだけで意味わからない〜

子供は正直です。ティーンエイジャーになるとそれに大人への反発心が加わるようです。いわゆる反抗期というものなのでしょうか???・・・私のところでもいずれそうなるのかと、戦々恐々しています。

まあ、それはそれとして。

先日、ご参拝いただいた方。一緒に来たお子さんがティーンエイジャーで、タイトルの通りの率直な感想を下さいました。びっくりはしましたが、ああなるほどと思ったのです。

おそらく大人の方でも法事などに参加して、坊主が読むお経に同じような感想を持っている人がいらっしゃるのではないでしょうか?お経本を見ても漢字の羅列。ましてやそれをただ座って聞いているとなると・・・、意味わからないと思うこともあるでしょう。

だから、私はお経を見て意味がわからないのはその通り。でもこのお経は仏様という素晴らしい方が私たちをより良く、より幸せにするための方法を説いたものだと思って欲しい。そしてこの思いを大切にして、つまり仏様が自分をより良くしてくれる教えなのだと信じて、意味がわからないけれど、まず読んで欲しいといったのです。

お経の意味よりも、それを説いた仏様が素晴らしいのだ。その素晴らしい方の教えがお経なのだと信じることがまず最初なのだと伝えたのです。

なんでも初めてやることはわからないものです。わからないなりに、先生や先輩の指示に従ってとにかくやってみる。これを繰り返していく内に、ああなるほどと思えるようになるものです。

お経も一緒です。最初はわからないものです。否、仏様の教えが広く深いものですから、凡夫の私には理解できないのかもしれません。でも仏様という素晴らしいご人格を持った方の教えなのだ。この仏様が、私のためにより良く、より幸せに生きられる方法をお経で説いているのだと信じて読んでいくのです。

そして興味が深まったら、お経の意味を自分で勉強するのです。始めから意味を求めるより、まず読んでみること。意味がわからないけれど、読み始めること。これが大切なのではないかと思っています。

最後までお読み下さり、本当にありがとうございます。

コメントを残す