相談事例)手元供養っていうのがあるみたいだけど…、これってどうなの?

有縁の方から、手元供養という供養の仕方についてご相談がありました。

手元供養は、新しい弔いの形として現れたと言えるでしょう。

伝統的には、家族に亡くなった人がでたら、お葬式をしてご遺体を火葬し、お墓に納めるという方法をとります。現代でも大部分の方が、この方法で行っていると思われます。

しかし、現代では、伝統的なやり方とは別に様々な弔いの方法が表れています。散骨、合葬墓、樹木葬など、皆様も聞いたことがあるのではないでしょうか。

これら散骨・合葬墓・樹木葬などは、どれもご遺骨をいずれかの方法で、どこかの場所に処理してしまうものです。

でも手元供養というのは、ご遺骨をパウダー状に細かく砕いてしまい、その砕いたものをペンダントや小さな壺などに納め、ご遺族が身に着けたり、ご自宅に飾ったりしてお祀りする方法です。

ご遺骨として残った故人と共にご遺族がいることが出来る弔いと言えるかもしれません。

賛否両論はあるでしょうが、とても仲が良かった夫・妻、親・兄弟などと死に別れした時、手元供養という方法をとるならば、故人といつまでも一緒にいられるという安心を得ることが出来るかもしれません。

またご遺骨が手元に残っていますので、いずれお墓を建てたときに、ご遺骨を埋葬することができるのも良い点と言えると思います。

妙心教会では、手元供養という供養のあり方は良い面が多々あるなと考えています。

なぜかというと、

① お墓が今ない方でも、すぐにご遺骨を処理できる

② ご遺骨が手元に残るので、いずれお墓を持った時にも対処できる

③ 手元供養でしっかり供養をしながら、お墓を買う資金をためていくことが出来る

からです。

ご家族が亡くなると、いろいろなことが大変です。手元供養ならば、ご遺骨が手元にある状態ですから、伝統的な弔いにも耐えられるでしょう。こうしてゆっくり弔いながら、お墓などをどうすればいいかと考えていくことが出来ると思うのです。

妙心教会では、これから、この手元供養を活かした形での弔いを選択の一つとして提案していきたいと考えるに至りました。

ご相談者様には、現代にマッチした弔いなのではないかと伝えたのでした。

最後までお読みくださり、本当にありがとうございました。