♪ いったい、この僕の~、何が分かるというのだろ~ ♪

ブルーハーツの名曲「青空」からの一節です。

世界がなんとなくきな臭い感じになってきていると思いませんか?

どうしてこうなっているのでしょう?だれか自分以外が悪いのでしょうか?ということは自分は正しいのでしょうか?

法華経・お題目の教えでは、私たち人間は誰でも例外なく、良い部分悪い部分両方を矛盾を抱えつつ持っている存在と説いています。

このような人間たちがこの世界には生きているのです。矛盾がおこるのは当然なのでしょうね。

この矛盾を解決するために大勢の国民の代表として、よく話し合うというのが、選ばれた偉い先生方の役目なのでしょう。この方たちが、自分たちは正しいとやってしまうと、つまり相手は悪いとやってしまうと、矛盾を解決する話し合いはできないのではないかと思います。

人も世界も矛盾だらけ。この僕(自分)のことを他人が知るのは難しいのです。知るためにはひたすら話し合うことなのでしょうね。お互いの立場を尊重しつつ!! このスタンスが今、特に必要なのではないでしょうか?

それにしても久しぶりに聞いた「青空」、つくづくいい曲だなと思ったのでした。

最後までお読みくださり、本当にありがとうございました。