毎週土日は、多くの方にご参拝いただけるようにと、いつもより簡単なお経を読むお勤めをしています

宗教法人妙心教会は、足立区竹ノ塚で法華経・お題目の教えを信奉し布教している小さな仏教教会です。玄関を出るとすぐ自動車教習所と線路が見える住宅密集地の中にあります。見かけが一軒家ですので、よく知らない人にはお寺に見えず怪しいと思われているようですが…、昭和42年からずっとこの場所で活動してきた列記とした宗教法人です。

代表である私は、大本山での修行を経験していますし、荒行も一回成満しています。まだまだ未熟な坊主ですが、一通りの修行経験はしてきています。

 

・・・このように書いても、皆様に「ああ、それでは大丈夫だ!」と思っていただけるとは考えていません。当教会に初めて来られる方は皆いうのです。「できる限りの検索をして、妙心教会と代表が大丈夫か調べた」と。また「調べはしたが、それでも心の底から納得できたわけではなく心配だった」と。そして勇気を振り絞って参拝してみて初めて「大丈夫だ!」と納得できたと。

人間は自分で経験しないものは分からないように出来ているようです。心配になるように出来ているようです。当教会のような外見からして、少し難がある宗教法人に心配を抱くのは尚更だと思います。

 

そこで妙心教会では、少しでも参拝してみたいなと気にして下さっている方を対象に、簡単なお経とお題目修行をするお勤めを毎週土日に行っています(※出来ないときもあります。参拝される時は必ずご連絡ください)。

まず当教会にある「かな付きのお経本」でお経の練習をします。終わったら、このお経を連続して10回読みます。お経は口に繰り返すのが一番上達法です。だんだん早くしていきますが、頑張ってついてきてもらいます。何回かお参りくだされば、きっと暗記してしまうでしょう。

お経を読み終わったら、南無妙法蓮華経とお題目修行をします。お題目修行は仏様の精神を自分の中に宿すためのものです。人には良心というものがありますが、中々現れてきません。また現そうとしても、現すのは難しいものです。そこでお題目を仏様の精神と信念して唱えることで、私たちの中にある良心に働きかけるのです。お題目という仏様の精神と、私たちの心の中にある良心は同質のものです。だから一方から働きかけると、一方が応じると言うわけです。お題目修行を毎日繰り返していくと、あなたの心が少しずつ変化していくことでしょう。

 

簡単なお経を読み、お題目を唱える。これらの修行が終わった後、荒行で教わった木剣加持をして、参拝修行者の息災をお祈りいたします。時間にして1時間から1時間半です。始まりは朝の九時からです。10分位前からお集まりいただけます。教会の運営のため、皆様のお気持ちでお布施を納めていただいております。

 

妙心教会ってどんなところ?と気になっている方がいましたら、まずこのお勤めに参加してみてはいかがでしょうか?そしてご自分で判断していだければと思っています。繰り返しますが参拝ご希望の方は必ず前もってお問い合わせください。皆様とお会い出来るのを楽しみにしております。

 

最後までお読み下さり、本当にありがとうございました。

コメントを残す