プランターで、ミニトマトと小松菜の栽培をはじめました。育つといいな〜

ここのところ毎年、春から夏にかけてやっていることがあります。。

それは、玄関前にプランターをおいて、野菜を育てること。ミニトマトやなす、きゅうりにえだまめ。イチゴと、いろいろな野菜(果物)に挑戦しています。

 

今年は「ミニトマト」と「小松菜」にチャレンジです。

今日は風邪が強く、写真でもよく分からないと思いますが、リコピンが普通のトマトより豊富な種類だそうです。日の一番当たるところにおいてそだてます。

こちらは種から植えた小松菜。小さな芽が出始めました。もう少し大きくなったら、間引きです。小松菜は、土を変えることなく連作できる、初心者に優しい野菜です。しかも、ほぼ一年中育てられる野菜なのです。といっても本当に寒い時期は難しいでしょうが…。今から始めれば、おいしい野菜を食卓に上げることができるのではないでしょうか。

 

お寺と言うと、非日常的な空間とイメージされます。その上、妙心教会のような一戸建ての仏教教会になると、もうカルトではないかと不安を抱く方も多いようです。

でも皆様と同じ普通の人間が運営しています。子供のため5月人形を飾ったり、野菜づくりを楽しみにしている人間です。このような人間が、妙心教会を運営しているということを知っていただけたらと願っています。これからもこういうことを少しずつ書いていこうと思います。よろしくお付き合いいただければ幸いです。

最後までお読み下さり、本当にありがとうございました。

コメントを残す