土日の朝のお勤め

今日は三連休の真ん中。土曜日です。

当教会では、お仕事をされている方が参拝修行しやすいように、毎週土日は普段私が読む壱部経ではなく、短いお経を読むお勤めをしています。

参拝者がいる時は、自我偈というもっとも大切なお経を10回繰り返して読み、その後は時間の許す限り南無妙法蓮華経のお題目をお唱えします。

いない時は、要本とよばれるお経本を読んでお題目を唱えています。

 

宗教は触れてみる以外に分かりようがありません。まずよくわからないけれど信じてみる。このスタンスからしか縁を結べません。縁を結べなければ、宗教が力を発揮することは絶対にありません。半信半疑では駄目なのです。騙されてもいいから、とにかく信じてみよう!こういう気持ちで始めないと宗教的な導き・救いはあらわれません。宗教に縁を持つのは、とても勇気のいることなのです。海のものとも山のものともわからないものを、とにかく信じてみようというのですから!

私が凄い霊能者で、信じる信じないにかかわらず当教会に来てくれた方の願望を叶えてあげられるならばいいのですが…、残念ながらそういう力は一切持ち合わせていません。だから以上のように、まず信じてみよう、やってみたいという気持ちのある方々が気軽にお経やお題目に触れられるようにと思い、土日の簡単なお勤めを続けています。触れて頂き、続けて頂き、徐々に徐々に何かが変わっていく。この過程が宗教的な導きだと考えています。これが宗教の奇跡というものだと思っています。知らず知らずに何かが少しずつ変わっていき、一年、二年と変わり続けていくことで、とても大きな変化が現れている。これが宗教的な奇跡だと。

宗教は漢方薬や健康管理と一緒。信じて続けていく以外に力は発揮しません。奇跡は少しずつの変化が継続するところに起こってくるものです。一年、十年、三十年と続けていくところに、振り返ると自分も随分変わったなと実感できるものなのです。こう思っています。

こういう宗教的な導きを皆様にもお伝えできたらと思っています。一緒に体験できたらなと願っています。即効性はないですが、一番確実だと確信しています。まず縁を持っていただきたい。土日の簡単なお勤めはこのような理由で続けています。

 

興味がありましたら、気軽にお問い合わせの上、ご参拝ください。一緒にご修行しましょう。ご修行が終わった後は、加持祈祷をして、皆様の健康などをお祈りさせていただきます。ご参拝の際は、お志でお布施を納めて頂ければ、当教会を運営する上で大変助かります。どうぞよろしくお願い致します。

 

最後までお読み下さり、本当にありがとうございます。

コメントを残す