一隅を照らす

比叡山延暦寺を開山した伝教大師の著書にタイトルの言葉があります。 太陽のように全体を明るく照らすことは出来なくとも、自分の置かれた環境とその周りにいてくれる人々とを少しでも明るく照らしていきたいといった気持ちがこもってい 続きを読む 一隅を照らす 続きを読む 一隅を照らす

存在は何にでもなるということ

昨日、三法印の一つ、諸行無常のことを書いてみました。 今日は「諸法無我(しょほうむが)」について。これは諸法(=この世の全存在)は確立した自我を持たないということです。 考えてみればそうです。一人の人は、今の環境において 続きを読む 存在は何にでもなるということ 続きを読む 存在は何にでもなるということ