南無妙法蓮華経と唱える修行も心満たされる(マインドフルネス)につながります

日々の生活に疲れ心を癒せたらと思い、座禅や写経といった仏道修行をしてみたいという方も多いようです。

静かに自分だけで取り組める座禅や写経といったご修行は、こういった方々にはもってこいのものなのでしょう。誰を気にすることもなく、自分だけで取り組めるものですから!こういった時間が必要とされており、座禅や写経というものはこの意味で十分に機能しているのでしょう。

ただこういったニーズを満たすことが出来る修行は、座禅や写経だけではありません。

当教会が信奉するお題目修行も十分役割を果たすものと考えます。

否、座禅や写経以上の充実感を提供できるものと考えます。

何故か?

お題目修行は、声を出すものです。皆様は、カラオケで思いっきり声を出してスッキリしたという経験がないでしょうか?また誰かに自分の言葉をじっくり聞いてもらい気分が晴れたという経験はないでしょうか? 声を出すというのは、それだけで心を晴らす効果があるのです。お題目は、仏様を前にして南無妙法蓮華経と声に出して唱えるご修行です。お題目を唱えながら、皆様の心の中にある、いろいろなことを吐き出すのです。目の前にいる仏様に聞いてもらうつもりで!仏様は黙って皆様の気持ちを受け止めてくれます。

仏様という素晴らしい聞き手を得て、南無妙法蓮華経と唱えながら、心の中に溜まった苦しみ・悲しみ・悩みを吐き出すのです。南無妙法蓮華経という声・音に乗せて、心の中のものを出し切るのです。

座禅や写経よりも遥かに気持ちが晴れるご修行です。日々の疲れを癒やすご修行です。

皆様にぜひ一度体験していただきたいなと願っています。興味がありましたら、気軽にお問い合わせくださいませ。

コメントを残す