今日は星まつり開運祈願 : 今年の罪障消滅、来年の開運を祈って!

妙心教会では毎年、冬至の日に星まつり開運祈願という祈願をしています。

冬至は、昼が一番短く、夜が一番長い日。この日を過ぎると昼が日に日に長くなっていくことから、一陽来復を司る日と考え、開運祈願をしています。

昼の明るさを陽、夜の暗さを陰と考え、陰が極まり、陽がこれから力を増していく境だから、一陽来復です。悪いこと(陰)はこれで底に着いた。これからは良いこと(陽)が起こってくるのだということです。

当教会では、28宿ではなく、九星を元に開運祈願をしています。これはご相談者様のお調べの際に使う星が九星だからという理由です。この方が基準がはっきりしていて分かりやすいと考えています。

この九星各星に自我偈を100巻読誦し、その後、手作りのお札にお題目を唱えながらおまじないをいたします。

今日はご参拝修行にお越しくださる方もいます。一緒に開運祈願のためのご修行を一生懸命にしようと思っているところです。

最後までお読みくださり、本当にありがとうございました。