どう思うか?なのですが…

私たちがこの世を去った後のこと…。

私たちはどうなるのか?

実際は誰も分かりません。

否、

いわゆる科学的に考えるならば、

死後は

であると考えるのが普通だと思われます。

証明できないですから…。

それでも

私たちは

その後を思います。

なぜか?

子供が見ていた漫画に

「一生懸命生きた人のその後が無ではあまりにも…でしょう」

といったセリフがありました。

これがすべてを表していると思いました。

苦しく、辛い

大変な

人生…。

これが終わった後、

無では…。

たしかに「あまりにも…」といいたくなります。

皆様はどうでしょう?

法華経にご縁をいただき、

過ごしてきた私は

確かに死後はある

でも

それはまたこの世に生まれ変わる

と思って(信じて)います。

本佛・お釈迦様の作られたこの世。

この世に生まれ、死にを繰り返すのが私たちだと。

これは

私たちが本佛・お釈迦様が作られたこの世を

その思い描いたとおりにするまで続くと。

いわゆる輪廻です。

前世のことなどは

すっかり忘れてしまいますが、

この世に生まれ変わり、死に変わりしつつ、

師匠である本佛・お釈迦様のお言いつけを達成するまで

輪廻が続くと。

こう信じています。

すると!

この世がこれから

良くなっていくのか?

悪くなっていくのか?

これが重要です。

良くなっていくならば、

そこに生まれ変わるという事は

修行がやりやすくなり、

目的に近づいていくことになります。

反対ならば、逆になるでしょう。

ご先祖様も

子孫も

この輪廻の流れの中、

本佛・お釈迦様の弟子なのだと思うのです。

だから

ご先祖様の供養というのは、

この世が良い方向になるようにと

日々を送ること。

子供や孫、

子孫が幸せにと願うなら、

やはり

この世が良い方向になるようにと

毎日を過ごすことになります。

一人一人は

本当に小さな力しかありませんが、

自分のできる範囲で

このようにしていくのが

いいのではないかと思うのです。

あくまで私の考えですが、こう思うのです。

結局、どう思うか?なのですから…。

0
0