「疑う」「信じる」、どっちが大事?

宗教というものは、信仰心が全てです。つまり「信じる」ということを基にして成り立っています。 宗教嫌い、無信仰の方は大変多いようです。しかし宗教に限らず、信じるということはあらゆる関係を円滑にするために必要な営みだと思うの 続きを読む 「疑う」「信じる」、どっちが大事?

今日からお彼岸。先祖供養を致しましょう!

今日(令和4年9月20日)から秋のお彼岸ですね。お彼岸は一週間あります。ご家族一緒にお墓参りなどのご先祖供養を致しましょう。 自分は無宗教だとお考えの方でも、ご先祖様を供養することは必要(大切)だと思っている方が多いと思 続きを読む 今日からお彼岸。先祖供養を致しましょう!

お話: 成仏のために

仏教とは、私たち凡夫が仏になるために説かれた教えです。迷い・苦しみに苛まれている私たち凡夫が、その迷い・苦しみから解放され、心穏やかに人生を歩み、最後まで全うできるようにと説かれたものなのです。 今のお寺は、葬式や法事な 続きを読む お話: 成仏のために

お話: 人は人を掛け値なく敬えるか…

法華経・お題目の教えは、とても難しい信仰。 だからすぐには出来ないのです…。 そこで、出来るようになりたいとまず思いなさい。これが今の私たちの信仰なのだ。 こう日蓮大聖人はおっしゃいました。 出来るようになりたい(できて 続きを読む お話: 人は人を掛け値なく敬えるか…

易占いのページ、公開

ご信者様のご自宅に伺わせていただく時、必ず持っていくものは、仏具・経典の他に「暦」と「易の本」。 この度、この易の本の代わりにと思い、ページを作りました。簡単な易占いもできる仕様です。 なにかサクッと占ってみたいとき、ご 続きを読む 易占いのページ、公開

お話: お題目の精神・開会について

見えるものを見る。聞けるものを聞く。私たちが行う当たり前の行動です。 でもこれで本当に良いのでしょうか? 見えてうれしいものを喜ぶ。聞けてうれしい言葉を歓迎する。…このようになってしまうのではないでしょうか。 今回は、法 続きを読む お話: お題目の精神・開会について

お話: お題目の三つの視座について

宗祖・日蓮大聖人の教えは法華経・お題目信仰です。 南無妙法蓮華経と声に出して唱えるご修行をすることで、私たち凡夫は成仏できる。…ちょっと違うかもしれません。むしろ、仏としての覚悟を取り戻すことができるといった方がしっくり 続きを読む お話: お題目の三つの視座について

お話: 蓮華が表す生き方について

当教会が信奉する教えは、妙法蓮華経という経典に則っています。この中の蓮華という言葉についてお話ししました。 相手を打ち負かす敵と考えて、議論するのではなく、まずは一度、そういう考え方もあるのかと相手を受容する態度も必要な 続きを読む お話: 蓮華が表す生き方について