久遠本佛: 本当のお釈迦様

妙心教会は、日蓮大聖人を祖と仰ぐ仏教教会です

読誦するお経は、妙法蓮華経。通称、法華経です。

修行法は、南無妙法蓮華経のお題目を口に出して唱えることです。

目的は、お題目修行により成仏することです。

では成仏とは何でしょう。それは信仰しているこの私が仏様と同じ悟りを得ること。悟ることです。

何を悟るのかというと、この世の真理なのでしょう。

この世の真理を悟ることで、その中を自在に生きていけるようになるのです。何か新しいスポーツを始め楽しみたいと思うならば、そのルールを知る必要があります。この世をより良く生きるために、この世の真理を知ることが必要なのです。

でも仏教に言わせると、私たちはこの世に生きていながら、このルールを全く知らないということになります。だからルールを知るため悟りを目指しなさいとなるのです。

この世の真理を悟った人が仏様です。この世には人類の歴史上、ただお一人、インドのお釈迦様が仏様になった実在する人物です。私たちと同じように人間として生まれて仏様になった、ただお一人の尊い方です。

仏教の中で、このお方以上に偉い方はいません。全仏教の信仰の対象はお釈迦様です。

ただ私たちと同じ人間として生きた仏様ですから、2000年以上前にお亡くなりになられてしまいました。それ以後、誰も仏様になっていませんので、…なんとも寂しい限りです。

この寂しさからでしょうか?永遠を生きる様々な仏様が経典に登場します。

そしてこれら永遠なる仏様を信仰の対象として宗派が生まれます。仏教が分裂したのです。

当教会が読誦する法華経では、この分裂を元に戻そうとします。そのために人間お釈迦様の本当の、真実の姿を説き表します。お釈迦様が一番偉いともう一度思い出させるためといっても良いかもしれません。

だからお釈迦様だって、永遠の存在だと主張します。否、お釈迦様だけが永遠の存在だとします。他の仏様は永遠のお釈迦様が分身したもの、仮の姿として現れたものとします。

では人間であるはずのお釈迦様がなぜ永遠なる存在になったのでしょう。

ここではこの世の真理は普遍的に働いている永遠なるものだ。だからこの真理を悟った存在は真理と共に永遠なる存在へと昇華するのだとするのです。

ちょうどニュートンが万有引力の法則を発見した時のことを考えてみると分かりやすいかと思います。

彼がこの法則を発見して人類に教えた訳ですが、この法則自体は彼が発見して人々に知らせようが知らせないようにしようが関係なく働き続けています。法則自体は普遍です。彼はそれを発見して人々に知らせることで、この法則と共に後々の時代の人々にまでその名前・実績をたたえられています。一種、彼も法則と共に普遍化したといえないでしょうか?

お釈迦様もこの世の真理という普遍なるものを悟りました。そして真理と共に永遠なる存在となったのです。そしてこの真理と共にいつでも、何時の時代でも、どんな人にも隔てなく慈悲の活動を続けているのです。

これがお釈迦様の本当の姿。当教会が信じるお釈迦様。久遠実成本師釈迦牟尼仏です。

そしてこの真理の全貌を妙法蓮華経の経典としたのだとするのが肝です。真理=妙法蓮華経という経典ということです。このように信じると真理=妙法蓮華経=久遠実成本師釈迦牟尼仏という関係性が現れます。

この関係性を疑わずにお題目修行する人は、この関係性にプラスして自分が入ってしまいます。

真理=妙法蓮華経=久遠実成本師釈迦牟尼仏=自分

です。

難しいことは分からなくても、信じてお題目を唱えていけば成仏できるというわけです。

煩悩が多く、あらゆるものに一喜一憂して、右往左往するしかない私のような凡夫にはとてもありがたい教えです。私のようなものでも信じて疑わず、お題目修行を続けるならば、成仏できる可能性があるしているのですから。

大聖人は、お題目修行以外で成仏などできないとご主張されました。他の教えは難しすぎるのだと。

皆様にもきっと役立つのではないかと思っています。少しでも興味がわいたという方は、お題目・南無妙法蓮華経を口に出して唱えてみてください。初めて見ることが何より大切ですから。そしてもっと興味が出てきましたら、どうぞご連絡の上、当教会まで足をお運びください。一緒にお題目修行をしましょう!!

ご縁がありますように