昔、絵にしてみたのです。

お題目を唱える時は、

大曼荼羅ご本尊

の御前で行うのが

本義です。

日蓮大聖人が顕されたご本尊。

文字で表現しています。

文字で表現することで

特定のイメージを持たせないようにし、

信仰者の信行の度合いによって

感じるものが違ってくるようにしてあるのだと思っています。

初心には初心なりに、

上級者には上級者なりにというように。

といっても

なかなかイメージが掴みづらいというご意見をいただいたことがあり、

絵にしてみたことがあります。

中央で手を差し出しているのが

本佛・お釈迦様。

周りは

本佛・お釈迦様の心の中であり、

また

本佛・お釈迦様がお住いの

世界の在り様

です。

良いも悪いもともに存在しています。

これは

私たち凡夫の心の中の在り様や

住む世界の現実

と全く変わりがありません。

つまり

本佛・お釈迦様

私たち凡夫

住む世界

構造は同じ

ということ。

だから両者の違いは

ただ

どう

考え

動く

かだけ。

お題目を唱えるということは

本佛・お釈迦様から差し出された手を握り返し、

私はあなた

あなたは私

という本佛・お釈迦様からのメッセージを受け入れ、

今までの凡夫の考え・行いを改め、

今からは本佛・お釈迦様の考え・行いを

少しでも体現しようと努力しますと誓うこと。

こういう意味を顕してみたのです。

お曼荼羅に対してお題目を唱えつつ、

こちらの絵を参照して

意味を深めていただけたらと願っています。

漆の工芸品は

何度も何度も塗りという作業をするそうです。

こうすることでより良い工芸品になっていくのだとか。

お題目修行も

きっと同じだと思うのです。

有縁の方々、毎日お題目修行をしてまいりましょう!!

1
0